インテリアプランナーとは

 インテリアプランニングにおける企画・設計・工事監理を行うインテリアに関する知識と技術に習熟した専門家のことであり、国土交通省所管の「財団法人/建築技術教育普及センター」が行う試験に合格し、登録を受けた資格者です。

 インテリア関連物品の流通・販売、又はそのコーディネートを行う『インテリアコーディネーター』に対し、『インテリアプランナー』は家具・ウインドトリートメント・カーペットなどのインテリアの専門的な知識はもとより、建築法規・消防法・構造・設備など、建築等に関わる基本的知識を持ち備えています。

 21世紀は「インテリアの時代」と言われています。社会の多様化に伴い、日々の生活や仕事の場が重視されるようになってきました。建築設計で解決するばかりではなく、生活に身近なインテリア設計のレベルで解決するべき課題も増えてきています。このような変化をうけ、建築界でも、インテリア設計の重要性が認められるようになり、建築計画の初期段階からインテリアプランナーが参加してプロジェクトを進める必要性が高まってきています。

インテリアプランニングの仕事

 インテリアプランナーの仕事は「インテリアプランニング」です。インテリア空間の計画・設計・工事監理そしてメインテナンス、コンサルティングと業務は広範囲に渡ります。

 人々に望ましいインテリア空間のあり方を、時代や社会背景を考慮し、機能性、安全性、快適性、経済性を基に、高い技術と感性・経験により提案し、その提案を実現させることによって、広く生活環境の向上に寄与していく仕事がインテリアプランニングなのです。コンセプトを策定する「プログラミング業務」から、「デザイン業務」、品質・コストの管理を行う「マネージメント業務」にまで関わります。対象とする領域は、住宅、オフィス、店舗、ホテル、病院、学校、工場、公共施設などすべての建物に関わるインテリア空間です。

インテリプランナーになるためには

 財団法人/建築技術教育普及センターが行うインテリアプランナー試験は、同一日に行われる「学科試験」及び「設計製図試験」により構成されています。「学科試験」「設計製図試験」それぞれの試験ごとに合格者を決定し、5年以内に「学科試験」及び「設計製図試験」のいずれにも合格した人がインテリアプランナー試験の合格者となります。

 試験に合格し、規定の登録資格の審査を経て登録を受けた人に、「インテリアプランナー」の称号が付与されます。 登録の有効期間は5年とし、更新講習を修了することにより登録を更新することができます。

 受験をしようとする年度の4月1日現在満20歳以上の全ての人に受験資格があります。経験や学歴等は問われません。また、インテリアプランナー試験の合格者が、規定の実務経験等を満たされた時点で、インテリアプランナー登録を受けることができます。

 試験のスケジュールは、年度により多少の前後はありますが、以下の通りです。

○受験申込関係書類の領付 7月末〜9月後半
○受験申込書の受付    8月初〜9月後半
○学科・設計製図試験      11月後半

 詳細は、「財団法人/建築技術教育普及センター」のホームページをご覧ください。

 毎年、試験日の2週間前頃に、HIPA/北海道インテリアプランナー協会主催の「設計製図試験/直前講習会」が実施されています。

Topへ戻る